体臭・口臭を消したい

楽しくおしゃべりをしている時に、ふと相手の口臭や体臭が
気になったことはありませんか?
そんな時どんな対応をとるでしょう?

 

逆にそれが自分だったら、どうでしょう?
自分で自分の口臭や体臭は分かりずらいもの。
そこに迷いや悩みが生まれることになります。

 

近年、自分のにおいや他人のにおいが気になるという人が増えてきています。
しかも体臭・口臭の悩みは、人それぞれで、原因も異なります。

 

 

体臭の場合、汗が多くて臭う人、腋臭(わきが)が原因の人、
実際には臭っていないのに自分では臭うと思い込んでいる人など、悩みもさまざま。
それぞれ原因も違えば、治療法も違います。
間違った治療では、臭いが解消されないばかりか、
症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。

 

当サイトは、口臭、体臭、さらに加齢臭や腋臭、
病気による体臭・口臭などの原因、対策、治療法などを紹介しています。
また口臭や体臭、加齢臭を予防するために、
口や体を清潔に保つ方法、食事や入浴法など
さまざまな方法を紹介しています。

 

体臭・口臭の原因を解明し、あなたにぴったりの対策を見つけましょう!
当サイトが体臭・口臭で悩んでいる人のために少しでも参考になれば幸いです。

 

 

自分で口臭をチェックする方法

自分の口臭がどの程度かはなかなか分かりません。
どのようにチェックすればよいでしょう。

 

コップに息をかける

コップに「ハァー」と息を吹きかけてにおいを嗅いでみましょう。
コップの中に自分の息を軽く吹きかけて手でふたをし、
一呼吸きれいな空気を吸った後、コップの中を鼻で嗅いでみます。
少しでも異臭がすれば、他人にも感じ取られていると考えられます。

 

オキシドールを使う

オキシドールを2倍くらいに水で薄めたものを口に含み、軽くうがいをします。
吐き出した液や口の中にわずかに泡が立つぐらいなら大丈夫。
たくさん泡が立っていたら要注意です。
泡が立つということは、においの元になる食物のカスや炎症性のしん出物などが
口の中に残っている証拠で口臭がある可能性が高いです。

 

ただ、オキシドールはうがい専用液ではないので注意が必要。
あまり濃いものを使うのは避けましょう。

 

舌の汚れ

舌の表面をよく観察して、口臭の原因となる舌苔(ぜつたい)があるかどうかを
チェックしましょう。
舌苔がついているようなら、それをタオルでふき取って、においを嗅いでみます。
舌苔の色は、白や黄色で薄かったり厚くベットリしたものなど様々ですが、
色だけでは判断しにくく、ふき取ったタオルのにおいを嗅いでみて、
においがするようであれば、おそらく他人に悪臭を吹きかけている可能性があります。

 

歯垢染め出し液を使う

口の中に歯垢が多いと、口臭の原因になります。
歯垢のチェックに歯垢だけを染め出す歯垢染め出し液があります。
もし口の中に歯垢があると、その部分だけが赤く染まり、
歯垢が残っているかどうかが、分かります。
歯垢がどれだけ残っているかを確認することで、口臭の程度を診断することができます。

 

口臭チェッカーを使う

一番、手軽に正確に口臭の度合いを調べられるのが、口臭チェッカーでしょう。
口臭チェッカーに息を吹きかけるだけで、口臭の度合いが数値で表示されます。
内蔵してある半導体ガスセンサーが口臭の原因となる『揮発性硫化物』や
『炭酸水素系ガスの濃度』を検知できます。
持ち歩くこともでき、客観的に数値で判定してくれるので便利。