脇の臭いの原因と対策

脇の汗

汗を分泌する汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。
エクリン汗腺から分泌される汗は、体温調整や皮膚の乾燥防止などの役割を果たしていて、
ほぼ無臭です。

 

アポクリン腺は脇の下、乳輪、外陰部など限られた部分にのみあり、この腺から分泌される汗には脂肪、鉄分、尿素、アンモニアなどが含まれ、汗そのものに臭いがあります。
アポクリン腺から出る汗には脂肪、たんぱく質、糖類を始め、アンモニア、鉄分、蛍光物質、脂肪酸などが含まれています。脂肪やたんぱく質があるため細菌が繁殖しやすく臭いが発生してしまいます。
雑菌は酸性よりアルカリ性のときのほうが繁殖しやすい性質があり、大量に汗をかくと皮膚表面はアルカリ性に傾き、雑菌が繁殖し、すえた臭いが強くなっていきます。

 

 

強烈な臭いなら腋臭(わきが)の可能性も

脇の下の汗の臭いが強烈な場合、腋臭(わきが)の可能性があります。
また服の脇の部分に黄色い染みができる場合、腋臭(わきが)の疑いありです。
専門医に診てもらいましょう。

 

腋臭(わきが)が強い人の場合、デオドラント対策をしても、ある程度しか臭いを軽減することができません。
根本的に治すにはわきが手術が必要です。

 

 

服にシミがつく場合

脇汗をかくと、気になるのが洋服のシミ。とくに夏場は薄着になりますし、洋服の脇の下にできるあの嫌な汗ジミは、結構目立つし恥ずかしいもの。脇汗パッドなどを使えばある程度、防止できます。

 

 

脇の汗の対策

動物性の脂肪をとりすぎると皮脂腺の活動が活発になりすぎ、不快な臭いを発生させます。
脂肪分は控えましょう。
緑黄色野菜に含まれるビタミンA、胚芽やゴマに含まれるビタミンEなどを積極的に摂取しましょう。

 

また日ごろから運動をし、サラサラの汗をかく習慣を身に付けましょう。

 

吸水性のよい服は臭いが出にくくなります。

 

ストレスや緊張は汗腺の働きを活発にします。不規則な生活習慣や睡眠不足はできるだけ避けるようにしましょう。

 

制汗剤やデオドラント剤を有効に活用しましょう。制汗剤は汗を抑える働きがあり、デオドラント剤は、殺菌・抗菌作用があり、細菌の増殖を抑えられます。