ダイエット臭の原因と対策

無理なダイエットは、体に大きな負担をかけるだけでなく、
いやな体臭を生み出す原因にもなりかねません。

 

ダイエット臭の原因と症状

食事制限のみのダイエットをしていると、体内のエネルギー源である炭水化物や
たんぱく質が不足し、体は飢餓状態になります。
そこで身を守るため、貯蔵していた中性脂肪を燃焼しようとするのですが、
このとき、中性脂肪は臭いを放つ脂肪酸に変化します。
この脂肪酸が汗と一緒に排出されると汗くささを強くしたような体臭、脂肪臭を発生します。
これが初期段階でのダイエット臭です。

 

第二段階に入ると、脂肪臭と前後するようなかたちで、アンモニア臭が発生します。
体内に酸素が十分行き渡らないままエネルギーを完全燃焼させると、
疲労物質である乳酸が生成されます。
乳酸はアンモニアとペアで汗に出る性質があるため、汗のアンモニア臭が強くなります。

 

さらに進むと、甘酸っぱい臭いが発生します。空腹のまま体内の脂肪を燃焼し続けると、
脂肪酸はにおいの強いケント体という物質を生成するようになります。
ケント体が存在するということは、体が飢餓状態にあるということです。
この臭いは「飢餓臭」ともいわれ、体を動かさずに断食に近いダイエットを続けていると、
においは徐々に強くなります。口臭や汗に臭いが発生、尿も臭うようになります。

 

 

ダイエット臭の対策

ダイエット臭がするということは、ダイエット法が間違っているということ。
代謝が正常に保たれてた方法でダイエットしている人からは臭いません。

 

食事制限だけでなく、有酸素運動などでしっかり体を動かし、
基礎代謝を上げるように努力しましょう。
ダイエット臭を防ぐ食品に酢、ショウガ、マッシュルーム、梅干などがあります。