喘息について知っておきたいこと

 
スポンサーリンク

喘息とは? | 喘息の病気について

一般的には気管支喘息のことを指します。東洋医学では哮喘と現されています。(哮は発作性の喘鳴を伴う呼吸疾患。喘は保迫するが喘鳴は伴わない呼吸疾患。双方は同時に見られることが多いため、はっきりとは区別しにくい。気機(昇降出入)の失調で起こる)気管支喘息(きかんしぜんそく、Bronchial Asthma...

≫続きを読む

喘息の原因 | 喘息はどのようにして発病する?

小児喘息の原因小児喘息の場合は、喘息になる前の段階で、よく乳児湿疹やアトピー性皮膚炎になることがあります。それから風邪をひきやすくなり、呼吸音が聞こえるようになります。それで、アトピー性皮膚炎の子供が小児喘息と診断されるケースが多いようです。遺伝的な要因遺伝的な要因も考えられます。家族の中にアレルギ...

≫続きを読む

喘息による息苦しさの原因

「息苦しさはどうして起きる?」肺気腫、慢性気管支炎や気管支ぜん息など慢性の呼吸器疾患の人ばかりでなく、実に多くの方々が呼吸困難感、つまり息苦しさを感じています。この息苦しさがどうして起きるのかには、さまざまな説がありますが、そのひとつに、次のような考え方があります。普段、呼吸筋は脳からの指令によって...

≫続きを読む

喘息の発症率は!? | 喘息で悩んでいる割合はどのぐらい?

世界の喘息の発症率世界保健機構は「世界のあらゆる地域において喘息の有病率が上昇しているのは事実である」ということで、70億人という世界人口の中で喘息患者が1億人を越えたという発表がありました。その中でも小児喘息の有病率の増加が目立つとされています。発表では「西太平洋地域のカロライン諸島では小児喘息が...

≫続きを読む

喘息の定義とは!?

気管支喘息は好酸球などが関係する気管支の炎症性疾患と定義されています。小児気管支喘息の定義「発作症に笛性喘鳴を伴う呼吸困難をくりかえす疾病であり、発生した呼吸困難は自然ないし治療により軽快、治癒する。」その病理像は気道の粘膜、筋層にわたる可逆性の狭窄性病変と持続性の炎症からなるものと考えられています...

≫続きを読む

喘息は治る病気?

喘息は治る病気かコントロールするだけの病気か喘息の患者さんやその家族にとっての重要な問題は、喘息は回復する病気なのかということでしょう。治るのかコントロールするだけの病気なのかということです。国際基準などには治癒の見込めない疾患であるとありますが、最近では、ステロイドの吸入を減量・中止しても大丈夫と...

≫続きを読む

喘息で死亡する数・死亡率は!?

喘息は死亡する危険がある病気、または死ぬ可能性のある病気と定義されています。喘息の死亡数日本での喘息の死亡数は1990年代では5,000人以上ありました。2000年以降は徐々に減少し、現在では2,000人程度になっています。喘息死亡者数は吸入ステロイド薬の普及ともに減少しており、喘息死亡者数を減らす...

≫続きを読む

喘息かどうか診断する方法

成人喘息の診断の目安は発作性の呼吸困難、喘鳴、咳の反復。 安静時にも出現し、寛解時に消失可逆性気道閉塞 自然、または治療によって寛解気道過敏性 アセチルコリン、メサコリン、ヒスタミンなどに対する気道が収縮する反応の亢進で示されるアトピー素因 環境アレルゲンに対する抗体の存在これらの症状が器質的肺疾患...

≫続きを読む

喘息の検査方法は?

喘息の検査は、大きく4つに分類できます。気管支喘息かどうかを調べる喘息の程度を調べる喘息の原因や病型を調べるその他の検査胸部レントゲン写真喘息は呼吸器の病気ですので、最初に胸部のX線写真を撮影します。X線写真で肺炎や肺結核、肺がんなどがないかをチェックするため。X線写真は正面と側面から撮影します。喘...

≫続きを読む

スポンサーリンク