喘息薬の効果・副作用

 
スポンサーリンク

喘息の完治は難しいもの。
ただ正しい治療を受けることで症状をコントロールできます。
喘息治療の薬はいろいろありますが、医師との相談の上、医師を信頼し、指示通りの薬を正しい方法で服用することが喘息治療の最大のポイントとなります。

 

喘息薬の期待できる効果と副作用を十分理解した上で薬を使用しましょう!

ボルタレンの効能と副作用 | 喘息の原因と治療

ボルタレン一般名:ジクロフェナクナトリウムボルタレンは、基本的には痛み止めの薬です。湿布タイプと塗り薬タイプがあり、それらは関節痛や筋肉痛、打撲などの痛み止めに用いられているようです。さらに、ボルタレンには錠剤タイプと座薬タイプ、そしてカプセルタイプもあり、こちらは頭痛や熱冷ましなどに広く用いられて...

≫続きを読む

フスコデの効能と副作用 | 喘息の原因と治療

成分(一般名) : フスコデ製品例:フスコデ配合シロップ区分:鎮咳剤/鎮咳、抗ヒスタミン複合剤/鎮咳剤概説:咳を止めることができる薬作用:3種類の有効成分を配合中枢性鎮咳薬のジヒドロコデイン、気管支拡張薬のメチルエフェドリン、抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンの3種類。これらがいっしょに作用すると、...

≫続きを読む

サルブタモールの効能と副作用 | 喘息の原因と治療

サルブタモールは世界中でもっともよく処方されている気管支拡張剤で 吸入、経口の形で投薬されています。吸入によって投与された場合は、気管支平滑筋に直接効果をもたらしてくれます。効果としては、速やかに気管支平滑筋を弛緩させます。吸入開始後、すぐに効果を感じられ、5~20分の間に最大効果が得られます。サル...

≫続きを読む

β2刺激薬の効能と副作用 | 喘息の原因と治療

β2刺激薬は強い気管支拡張作用を持つ薬剤といわれています。気管支喘息発作を抑えるためにはなくてはならない薬といえるでしょう。ただ喘息の本態である気道炎症を抑える効果はありませんから、注意が必要です。この薬にばかり頼っていることはあまりおすすめできず、一部の軽症の患者さんを除いては、必ず抗炎症作用のあ...

≫続きを読む

アドエアの効能と副作用 | 喘息の原因と治療

アドエアは、気道の熱、はれや痛みをよくする吸入ステロイドのフルチカゾンと気管支を拡張させるセレベントの両方を含んでいる吸入剤。一回の吸入で両方の薬剤を吸入できることが最大の特徴といえます。喘息の症状(咳、胸苦しさ)などがでていないときも毎日規則正しく、継続して使用することが大切です。この薬剤はパウダ...

≫続きを読む

セレベントの効能と副作用 | 喘息の原因と治療

セレベントは、気管支喘息等の気道閉塞性障害の治療用に開発された長時間作動型吸入β2刺激薬。薬剤と吸入器が一体となり、60回連続して吸入できるディスカスや専用の吸入器を用いて吸入するロタディスクがあります。特徴的な作用機序により長時間持続した気管支拡張作用を示すシンプトムコントローラー(症状をコントロ...

≫続きを読む

喘息の吸入器の種類・長所・短所

吸入方法は自分に合ったものを選びましょう。ぜんそくの治療には、吸入ステロイドなど吸入タイプの薬が多く使わます。吸入薬は、薬の成分が気道の粘膜からすばやく吸収されるという特徴を持つために、他の種類の薬に比べると、早く効果があらわれることが期待できるというメリットがあります。また、少量でも効果を発揮する...

≫続きを読む

喘息に効く漢方薬は!?

比較的体力があり胃腸も丈夫な人向け痰(たん)は比較的少なく、口渇があり、発作時に顔面発赤や発汗がみられるような人は、『麻杏甘石湯』を基本にした処方が頻用されており、必要に応じ『半夏厚朴湯』などを併用します。肥満の人には『防風通聖散』や『大柴胡湯』なども喘息と肥満の体質改善を兼ねて使われており効果を発...

≫続きを読む

喘息の湿布薬

最近は服用するものだけではなく、貼るタイプの喘息の薬も出ています。成分(一般名)はツロブテロール、製品例、ホクナリンテープ0.5mg~1mg~2mg ・・その他(ジェネリック)区分、気管支拡張剤・他/β刺激剤/経皮吸収型・気管支拡張剤概説、気管支を広げるお薬です。喘息や気管支炎の治療に用います。【働...

≫続きを読む

スポンサーリンク