喘息の種類

 
スポンサーリンク

喘息の種類には、気管支ぜんそく、咳ぜんそく、心臓ぜんそく、小児ぜんそく、運動型誘発ぜんそく、アスピリンぜんそくなどがあります。

 

どれもやっかいな病気。
多くの場合、アレルギー性の病気なのでほかの病気が合併することもあります。

 

それぞれの病気の症状・原因・対策をよく理解して徹底的に治療しましょう。

気管支喘息の原因と症状

気道(気管支)に炎症が起きていることから、「気管支ぜんそく」と呼ばれます。一般に喘息と言われるのは、この気管支喘息のこと。気管支喘息の症状気管支ぜんそくは、急に呼吸、特に吐く息が苦しくなり、ゼイゼイ・ヒューヒュー鳴る発作性の呼吸困難を主な症状とする疾患。気道の慢性的な炎症によって起こり、気管支に炎症...

≫続きを読む

咳喘息とは!?

咳喘息とは、喘息特有のゼーゼー、ヒューヒューや呼吸困難が無く、咳だけが続く病気。乾いた咳が続き、明け方にひどくなることが多く、喘鳴や呼吸困難がなく、呼吸機能も正常というのが代表的な症状。息を吸う時も咳、吐く時も咳が出やすくなります。気管支の管の中が0%になると気管支喘息と呼びます。風邪が治ったのに咳...

≫続きを読む

咳喘息の原因と症状

喘息特有のゼーゼー、ヒューヒューとなったり、呼吸困難になることが無く、咳だけが続く病気のこと。咳だけを主徴とする好酸球性の気管支炎。咳喘息の症状咳喘息は、乾いた咳が続き、明け方にひどくなる傾向がありますが、喘鳴や呼吸困難はなく、呼吸機能は正常というのが症状です。一般的な喘息と同様に、気道が狭くなるこ...

≫続きを読む

咳喘息の予防のポイント

咳喘息の発作を発症する時の特徴として、気道の粘膜が炎症を起こすことで気道が過敏となってしまい、チョットした影響によっても咳が出やすくなってしまいます。病院での咳喘息の診断基準として喘鳴(ゼイゼイ・ヒューヒューなどの異常呼吸音)を伴わない咳が8週間以上続いている今までに喘鳴、呼吸困難などを伴う喘息を患...

≫続きを読む

小児喘息の診断

実際にはどのように小児喘息の診断がつけられるのでしょうか?小児喘息の診断を受ける際には、子どもの状態や経過を医者によく話をしてから検査してもらい、そのうえで診断をつけてもらう必要があります。笛のような呼吸音を伴った呼吸困難の発作をくりかえす疾患が発症した場合、喘息という診断をうけますが、以下のような...

≫続きを読む

小児喘息の症状と治療

小児喘息の症状ゼーゼーやヒューヒューと呼吸困難になり、夜間や明け方に咳き込みやすくなります。また息が苦しく、肩をあげて呼吸する、痰(たん)がからむこともあります。環境の変化により体調が悪くなる場合もあります。例えば、ホコリを吸い込んだり、動物に近づくと息苦しくなる、台風など気圧の変化が大きいときに具...

≫続きを読む

心臓喘息の原因と症状

心臓喘息の症状心臓喘息は、急性心不全の症状のひとつであり、ぜーぜーと咳き込む症状が起こりはじめます。肺うっ血のために気管支が圧迫されることが原因となっており、喘息と似た症状です。激しい呼吸困難が始まり、同時に咳と痰が出るようになります。泡のような痰で、時にピンク色になることも。心臓喘息は心臓のポンプ...

≫続きを読む

喘息性気管支炎の症状と治療

喘息性気管支炎の症状喘息性気管支炎は、子供に多い症状です。風邪をひいてしまうたびに必ずと言っていいほど、咳だけがいつまでも長引いているお子さんがいます。他の症状としては、発熱もなく、食欲はあり、夜もぐずることがなくぐっすり眠れている状態で、昼間も機嫌良く遊んでいるようです。こんなに咳が出ているのに、...

≫続きを読む

四日市ぜんそくとは?

四日市ぜんそくの症状四日市ぜんそくは、三重県四日市市と三重郡楠町で昭和35年(1960年)から昭和47年(1972年)にかけて四日市コンビナートから発生した大気汚染による集団喘息障害のこと。四大公害病の一つとされ、当時は別名「塩浜喘息」・「四日市のぜんそく事件」と呼ばれていました。ぜんそくを引きおこ...

≫続きを読む

アルコール誘発喘息の原因と症状

日本人に多いアルコール誘発喘息気管支喘息のなかで、アルコール誘発喘息というものがあります。これは、日本人に多いとされています。というのは、日本人は体質的に、アルコール分解酵素を持っている人が欧米人と比べると、少ないからなのです。このアルコール分解酵素によって、肝臓に運ばれたアルコールが分解されるので...

≫続きを読む

スポンサーリンク