吸入器の種類

 
スポンサーリンク

吸入方法は自分に合ったものを選びましょう。

 

ぜんそくの治療には、吸入ステロイドなど吸入タイプの薬が多く使わます。
吸入薬は、薬の成分が気道の粘膜からすばやく吸収されるという特徴を持つために、
他の種類の薬に比べると、早く効果があらわれることが期待できるというメリットがあります。

 

また、少量でも効果を発揮することができ、
炎症が起こっている部分のみに作用しますので、
副作用もそれほど心配いりません。

 

 

吸入器の種類

吸入器の種類は吸入方法により区別されます。
吸入方法は
エアゾールタイプ(加圧式定量噴霧吸入)
エアゾール+スペーサー(吸入補助付きエアゾール)
ドライパウダー
電動ネブライザー
の4種類。

 

それぞれ長所・短所があり、
それにより適している人が異なります。
かかりつけの医師と相談することで、
自分に最適な吸入方法を選ぶのがよいと思います。

 

エアゾールタイプ(加圧式定量噴霧吸入)

・概要: ボンベの底を押すと、薬剤が霧状に噴射。
・該当薬: サルタノール、フルタイド、メプチン、インタール、キュバール、タウナス、オルベスコなど
・適者:成人。乳幼児、小児には適しません。
・長所:吸入に時間がかからない。また、発作時でも使いやすいです。
・短所:口の中に薬が残ることがある。乳幼児には、使い方が難しいので適しません。

 

エアゾール+スペーサー(吸入補助付きエアゾール)

・概要:エアゾールタイプのものがうまく使えない場合。吸入ステロイド薬を使う場合に使用。
・該当薬:サルタノール、フルタイド、メプチン、インタール、キュバール、タウナス、オルベスコ(エアゾールタイプと同)
・適者:乳幼児、小児、成人に適しています。
・長所:口の中に薬剤が残りにくい。自分のペースで吸入が可能です。
・短所:使用後には手入れが必要。たまに器具内に薬剤が残ることがある。

 

ドライパウダー

・概要:粉末状の薬剤を勢いよく吸い込むことで吸入。
・該当薬:フルタイド、アドエア、スピリーバ、セレベント、パルミコートなど
・適者:小児、成人。乳幼児には適しません。
・長所:自分のペースで吸入が可能です。
・短所:吸い込む力が必要。呼吸機能が低い方は使用NG。さらには、薬剤が口の中に残ることがある。

 

電動ネブライザー

・概要:専用の器具を用い、液状の薬を霧状にして吸入。
・該当薬:ベネトリン、アレベール、ビゾルホン、インタール、パルミコートなど
・適者:乳幼児、小児、成人。
・長所:口の中に薬剤が残りにくい。自分のペースで吸入が可能です。
・短所:吸入器具が高価です。吸入にも時間が必要です。

スポンサーリンク

 

関連ページ

ボルタレンの効能と副作用
ボルタレンの効能と副作用について。ボルタレンは、痛み止めの薬。湿布タイプと塗り薬タイプ、錠剤タイプ、座薬タイプ、カプセルタイプもあり、頭痛や熱冷ましなどに広く用いられています。ボルタレンの効能や副作用について分かりやすく解説しています。
フスコデの効能と副作用
フスコデの効能と副作用について。フスコデは、咳を止める薬。フスコデの効能や副作用について分かりやすく解説しています。
サルブタモールの効能と副作用
サルブタモールの効能と副作用について。サルブタモールは、気管支拡張剤。吸入、経口の形で投薬されています。吸入によって投与された場合は、気管支平滑筋に直接効果をもたらしてくれます。サルブタモールの効能や副作用について分かりやすく解説しています。
β2刺激薬の効能と副作用
β2刺激薬の効能と副作用について。β2刺激薬は強い気管支拡張作用を持つ薬剤。気管支喘息発作を抑えるためにはなくてはならない薬といえるでしょう。β2刺激薬の効能や副作用について分かりやすく解説しています。
アドエアの効能と副作用
アドエアの効能と副作用について。気道の熱、はれや痛みをよくする吸入ステロイドのフルチカゾンと気管支を拡張させるセレベントの両方を含んでいる吸入剤。アドエアの効能や副作用について分かりやすく解説しています。
セレベントの効能と副作用
セレベントの効能と副作用について。セレベントは、気管支喘息等の気道閉塞性障害の治療用に開発された長時間作動型吸入β2刺激薬。セレベントの効能や副作用について分かりやすく解説しています。
喘息の漢方薬
喘息に効く漢方薬について。気管支喘息に用いられる漢方薬は、さまざま。代表的な処方を体質別のご紹介。喘息に有効な漢方薬について分かりやすく解説しています。
喘息の湿布薬
喘息の湿布薬について。喘息を抑えるための湿布薬の働き、使用方法、注意点、副作用などについて分かりやすく解説しています。