アームタオルとは

 
スポンサーリンク

アームタオルとは

ウェイターが腕にかける布のこと。
トーションとも呼びます。

 

ウェイターがサービスの時に持つタオルで、三つ折りにして左腕にかけるのが基本。
テーブルに誤って水をこぼしたり、大皿に盛られた料理を客前で取り分けるような状況で、こぼしてしまった時、
熱い皿を持つときに使用するなど様々な用途があります。

 

アームタオルを使ってやってはいけないことに、テーブルの上のゴミを払い落とす、ダスター代わりに卓上を拭く、
また自分の汗をふくことなど。

 

アームタオルは、必ず左右の垂れの長さが同じになるように左腕にかけます。
アームタオルを上手く使用することによって、清潔感を演出することができるのです。

 

特に、ソムリエはアームタオルを頻繁に使用します。
ワインクーラーから取り出したワインの水気をふき取ったり、シャンパンの栓が飛び出さない様に抑えたり、注ぎ分けるワインが瓶を伝ってこぼれるのを防いだりするときに使います。

スポンサーリンク