エディブル・フラワーとは

 
スポンサーリンク

エディブル・フラワーとは

エディブルフラワーは、食べられる花のこと。
植物の花を食材として用いたり、料理の彩りを添えるために使われることもあります。

 

味は、種類によって違いますが、苦味があったり、甘みがあったりします。

 

エディブルフラワーは、品種も豊富でいろいろな色彩が楽しめ、
さまざまな栄養素が含まれているものが多い。

 

 

日本では、伝統的に菜の花や食用菊、シソの花などが好まれて食べられています。
また、ふきのとうや菜の花などの季節の野菜として食べられたり、
桜の塩漬けは桜湯などにして楽しまれています。

 

花を食べる習慣は日本だけでなく世界各地に存在します。
ヨーロッパを中心に特にオランダなどでは、日常的にエディブルフラワーが食べられています。

 

 

エディブルフラワーの種類

エディブルフラワーは、四季を通して約30種類が知られています。

 

デージー・ベゴニア・ペチュニア・バーベナ・インパチェンス・ニチニチソウ・ヒャクニチソウ・マリーゴールド・メランポジウム・ミニヒマワリ・ペンタス・ラベンダー・イソトマ・ナイターチューム・トレニア・バジル・ゴーヤ・アサガオ・ニラ・サルビア・ヒョウタン・パンジー・ビオラ・アリッサム・ノースポール・キンギョソウ・ナデシコ・カレンジュラ・プリムラ・ポリアンサス・ジュリアン・サイネリアなどがあります。

スポンサーリンク