ラスベガスのホテル一覧

スポンサーリンク


 

ラスベガスのホテル一覧

ラスベガスは昔ながらのカジノの街ダウンタウンと現在観光の中心となっているストリップの
2つのエリアにホテルが集中しています。
世界のホテル客室数ベストの上位は、ほぼラスベガスのホテルが占め、
広大な敷地と数千室の客室、多くのレストランやショップが備わりひとつの街のようになっています。

 

宿泊料金は基本的に金・土の週末は高く、平日は比較的安いです。
ただ、ラスベガスでは数万人規模で行われるコンベンションの時期は平日でも通常より
$100近く高くなることもありますので、ラスベガス旅行の日程を決める時に注意しましょう。

ラスベガスのホテル一覧記事一覧

ラスベガスのホテルの特徴

ラスベガスのホテルって?ラスベガスは昔ながらのカジノの街ダウンタウンと現在観光の中心となっているストリップの2つのエリアにホテルが集中しています。世界のホテル客室数ベストの上位は、ほぼラスベガスのホテルが占めています。広大な敷地と数千室の客室、多くのレストランやショップが備わりひとつの街のようです。...

≫続きを読む

パリスの特徴 | ラスベガスのホテル

ストリップの名所”エッフェル塔”その名の通りテーマはパリ。ホテルのシンボルでえあるエッフェル塔は、パリにあるオリジナルの1/2の尺度で、建物はもちろん、ライトアップのデザインまで同じというこだわりぶり。地上140mのところには展望台があり、ストリップの美しい夜景を眺められます。料金は9ドル。また、地...

≫続きを読む

ベラッジオの特徴 | ラスベガスのホテル

壮大な水のショーテーマは北イタリアのコモ湖の湖畔の村。圧巻なのは、コモ湖をイメージして造られた人造湖。この湖で毎日繰り広げられる噴水が美しい調べにのって作り出す水のショーは、美しい。豪華なパブリックスペースラスベガスのホテルの中でもベラッジオの豪華なロビーは特出しています。広いフロアに居心地のよい大...

≫続きを読む

ベネチアンの特徴 | ラスベガスのホテル

まるで本物のレプリカ建築敷地内に一歩足を踏み入れると、そこは石畳が広がる中世の世界。ヴェネツィアのセント・マークス広場にある実物と同じ大きさの塔がそびえ立ちホテル前には運河が流れ、ゴンドラが浮かびます。橋を渡るとデスデモナハウス、さらにドカーレ宮殿などゴシック期の最高傑作といわれた本物そっくりの名作...

≫続きを読む

マンダレイ・ベイの特徴 | ラスベガスのホテル

アジアの楽園『アジアの楽園』をテーマにしたホテル。ゴールドメタリックのタワーが眩しいこのホテルの敷地内には5300本ものヤシの木があり、トロピカルな雰囲気。隣にあるルクソール、エクスカリバーは系列ホテルで無料のトラムで結ばれて便利。ラスベガスでは珍しく、正面入口を入るとカジノフロアではなく、明るいフ...

≫続きを読む

ニューヨーク・ニューヨークの特徴 | ラスベガスのホテル

NYの摩天楼がそのままホテルに自由の女神がシンボルのホテル。テーマは1930~40年代のマンハッタン。自由の女神像の周りにはグランドセントラル駅や税関所など7つの歴史的建造物のレプリカがあり、さらにエンパイアステートビルやクライスラービルなどマンハッタンの12のビルが立ち並びます。外観は建物が一つ一...

≫続きを読む

ルクソールの特徴 | ラスベガスのホテル

ピラミッド型ホテル最新技術を駆使して古代エジプトの世界を見事に再現したテーマホテル。黒いガラス張りの巨大なピラミッド内は、古代エジプトを思わせる装飾が随所に見られます。中央は100mの高さを誇る世界最大のアトリウムになっています。大神殿やオベリスク、農村風の建物などが配置されています。ルクソール 基...

≫続きを読む

ミラージュの特徴 | ラスベガスのホテル

緑豊かなオアシスミラージュのテーマは南国ポリネシアのリゾート。敷地内は、南国の緑豊かなオアシスが広がる世界。通り沿いはヤシの木の大きなラグーンになっていて、中心に岩山がそびえ、滝が流れ落ちています。この岩山では、日没後、火山噴火のショーが行われています。ロビーにある巨大な水槽にはサメやエンゼルフィッ...

≫続きを読む

MGMグランドの特徴 | ラスベガスのホテル

とにかく広い世界最大級の規模を誇る巨大ホテル。敷地面積、総床面積は世界一。1日に出入りする人の数は5~8万。フロアは果てしなく広く、エレベーターは93台もあり、迷子になる人も多いようです。慣れるまではフロアマップを見ながら行動しましょう。フロントロビーのすぐ横にはバリーズホテル行きのモノレール乗り場...

≫続きを読む

バリーズの特徴 | ラスベガスのホテル

老舗のホテルストリップから入口までのアプローチは約60mあり、ガラスのトンネルに覆われた動く歩道とエスカレーターで結ばれています。夜になるとこのトンネルとその外側に並ぶ28本の柱にネオンが点り、オリジナルの音楽に合わせてネオンと噴水が色とりどりに変化します。MGMグランドからサハラまで7地点を結ぶ無...

≫続きを読む

フォーシーズンズの特徴 | ラスベガスのホテル

カジノのないホテルマンダレイ・ベイの35~39階部分がフォーシーズンズの客室というユニークなスタイルを取っています。建物は共有していますが、運営はまったく別。個別のエントランスやロビーがあります。最大の特徴はカジノがないこと。カジノで遊びたいときは、連絡通路で結ばれているマンダレイ・ベイのカジノを利...

≫続きを読む

シーザース・パレスの特徴 | ラスベガスのホテル

シーザーの宮殿がホテルにラスベガスの中心的存在として君臨し続けているホテル。世界的にも豪華カジノホテルとして知名度は高いです。テーマは古代ローマ帝国。前庭の大きな池には噴水が配置され、大理石や御影石の列柱が連なっています。またギリシャ彫刻のレプリカが置かれています。夜になるとライトアップされ、一層豪...

≫続きを読む

モンテカルロの特徴 | ラスベガスのホテル

エレガンスを追求するヨーロピアンホテル上品な白亜のホテル。名前の通り、モナコにあるモンテカルロ・ホテルをモデルに造られました。奇抜さはありませんが、ヨーロッパの宮殿のような格調の高さが漂います。館内のシンプルな設計がメガリゾートでありながら、迷うことなく使いやすいです。ロビーはホテルの奥で正面入口か...

≫続きを読む

フラミンゴ・ラスベガスの特徴 | ラスベガスのホテル

ラスベガスの老舗ホテルフラミンゴの羽をかたどったピンクの華やかなネオンサインは、今やラスベガスのシンボル的存在。ストリップでは最古のこのホテルは、1946年、マフィアが当時では考えられない莫大な費用を投じて立てたもの。70年以降数度にわたって増改築が繰り返され、現在では3626室を有するメガ・リゾー...

≫続きを読む

トレジャー・アイランドの特徴 | ラスベガスのホテル

海賊ショーのイメージを払拭人気の海賊船ショーも、今はセクシーな美女たちが登場する"TheSirensofTI"というアトラクションに生まれ変わりました。無料で毎晩あそこまで派手に演じてしまうことは絶賛。早めに場所取りしましょう。トレジャーアイランドの場合、他の多くのホテルがエジプト、パリ、ローマ、ニ...

≫続きを読む

リオ・オール・スイートの特徴 | ラスベガスのホテル

全室スイートのホテルリオのカーニバルをテーマにしたリオ・オール・スイートは、大人が楽しめる高品質のエンターテイメントが揃っているホテル。スイートルームの定義は不明ですが、客室はすべてスイートルーム。一番小さな部屋でも広さは56㎡と充分スイートクラス。客室は旧館と新館に分かれていますが、景色にこだわる...

≫続きを読む

ラスベガス・ヒルトンの特徴 | ラスベガスのホテル

コンベンションセンターに隣接したホテルストリップからは離れているが、その分静かで落ち着いた滞在ができるでしょう。最新のテーマホテルのような奇抜な演出こそありませんが、施設、サービスともに高水準を確保しています。カジノは広々としたフロアに、豪華なカーペットが敷かれ、クリスタルのシャンデリアが輝くエレガ...

≫続きを読む

ハードロックホテルの特徴 | ラスベガスのホテル

ロックンロールリゾートテーマレストランブームの火付け役となったハードロック・カフェのオーナーが手がけたホテル。正面玄関前の屋根に突き刺さった巨大エレキギターがトレードマーク。テーマはもちろんロックミュージックで大物ロックスターのライブも度々行われます。施設内は当然、ロック調で固められています。居心地...

≫続きを読む

プラネットハリウッドの特徴 | ラスベガスのホテル

アラジンからプラネットハリウッドにテーマはハリウッド映画。元はアラジン、2008年に内外装の大規模なリニューアル工事が完了しています。カジノや客室内には映画関連の写真やグッズがところどころに飾られており、全体として都会的な華やかな雰囲気が漂っています。ロビーの脇にある「HollywoodObsess...

≫続きを読む

エクスカリバーの特徴 | ラスベガスのホテル

中世ヨーロッパにタイムスリップ5世紀末ごろの点説的英王国、アーサー王時代がホテルのテーマ。エクスカリバーとはアーサー王の剣の名前にちなんだ名前。地下には子供向けゲームセンターがあり、子連れファミリー族も十分楽める設計になっているということと安い宿泊料金で大型ホテルライフを満喫でき、またレストランでは...

≫続きを読む

フーターズの特徴 | ラスベガスのホテル

アットホームな雰囲気のホテル「フーターズ」とは、米国東海岸を中心に事業展開してきたテーマレストラン、テーマはチアガール。以前は日本人経営のサンレモ、2006年に名称を変えて再出発したのがこのフーターズカジノホテル。MGMグランドの裏手に位置します。オレンジ色のショートパンツと白のタンクトップ姿のセク...

≫続きを読む

ストラトスフィアの特徴 | ラスベガスのホテル

地上260mの展望台は必見ストリップ北端にある96年オープンのホテル。ストラトスフィアとは”成層圏”という意味。アメリカ西部で最も高い地上350mのタワーを併設し、ラスベガスのランドマーク的存在。ストリップの中心から離れているにもかかわらず、このタワーの展望台や世界一高い場所にある絶叫マシンのビッグ...

≫続きを読む

リビエラの特徴 | ラスベガスのホテル

歴史のあるホテル1955年、開業。当時としては超大型ホテル「リビエラ」が華々しく誕生しました。ディーン・マーチン、ルイ・アームストロング、カーペンターズ、フランクシナトラ、ケニーロジャース、ライザミネリ、オリビアニュートンジョンなど世界的なビッグスターたちがリビエラの舞台を踏んできている歴史あるホテ...

≫続きを読む

サーカス・サーカスの特徴 | ラスベガスのホテル

家族向けアトラクションの殿堂ストリップ北部の老舗ホテルが集まる一角で、ひときわ目を引く大きなピエロのネオンサインが目印。1968年の開業以来、子供連れも楽しめるホテルとして親しまれています。毎日昼ごろから深夜まで一定時間ごとにサーカスが行なわれています。約10分間。入場料は無料。宿泊客でなくて入場で...

≫続きを読む